今回は僕が経験した、不正登録判定の内容を紹介していきます。不正登録判定されると、全てのアカウントが単価落ちします。今まで頑張って投稿していても、単価落ちすると意味ないですから、コンピューターによる不正登録判定だけは、避けなければなりません。

僕と同じ不正登録判定されない為に、対策方法も紹介していきますので、最後まで読んで頂けると幸いです。

経験した不正登録判定

僕は、2回不正登録判定されています。そして、全てのアカウントが0.02円に単価落ちとなってしまいました。

不正登録判定されたとき、全部のアカウントが一度で単価落ちするのではなく、一日1つのアカウントが単価落ちされていきますww

マジで性格が悪すぎですよ!ジワジワ、女の陰口みたいで、やるなら一度に全部やってもらった方が、気持ちの切り替えが出来ますからね!

今から、僕が経験した不正登録判定の詳しい内容を紹介していきます。

ペイパルのアカウント連携

まず一つ目は、1月に不正登録判定された原因の、ペイパルのアカウントを5個以上連携させたことです。

バズビデオは、複数のアカウントを運営するのはOKだが、多く持ちすぎるのも良くないと規約にかかれています。

明確なアカウントの数は明記されていませんが、同じ銀行口座やペイパルに多くのアカウントを連携すると、コンピューターに不正登録判定されます。

5個で不正登録と判断されたので、多くても4つ。念の為に3つまでのアカウントの連携の方がいいのではないかと個人的に思います。

同一IPアドレス問題

2回めの不正登録判定は、同一IPアドレスです。以前から同一IPアドレスが不正登録判定されると噂されていましたが、直接バズビデオに問い合わせても、そのような返事は貰わなかったので、全然気にしませんでした。

ですが、1回目の不正登録判定で、もう単価落ちになりたくないと思い、簡単にIPアドレスが変更できるセカイVPNに登録しました。このセカイVPNは、有料ですが、ワンクリックでIPアドレスを変更できる、めっちゃ便利なものです。

コレを使っているから、アカウントを量産しても問題ないと思い、最大で7つ作成。無理なく1アカで2000円稼ぎ、日給15000円を簡単に手に入れろうと思ったからです。

でも、また2月20日ぐらいに不正登録判定されました。

問い合わせてみると、VPNを利用してもコンピューターには分かるようですw「はーーー?」「どうやって??」とバズビデオに聞きたかったですが、聞いても意味ないし諦めましたw

不正登録判定されない為の対策

これまでの経験から、不正登録判定されない為の対策は、

1、1つの口座に4つ以上アカウントを連携させない

2、アカウントの量産をせず、5つまでのアカウントで運営する。⇒なぜ5個までかと言うと、1月に不正登録判定されたときが、5個運営していたからです。

その時はペイパルだったので、5個までならOKと判断しています。今後変わるかもしれないので、できれば3個か4個ぐらいがいいかと・・・

まとめ

以上が僕が経験した、不正登録判定と今後の対策方法です。

あなたのバズビデオで運営しているアカが、単価しないために参考にしてください。