この記事では僕が単価落ちしないためにやっている事を書いていきます。僕は1月末にアカウントを作りすぎて不正登録判断され2月は色んな検証をして、3月から新しく2つ4月から1つ作成して運営していますが、約3ヶ月(現在6月)単価落ちしていません。

トップバズで3月や4月に大量のアカウントが単価落ちしているにもかかわらず、僕のアカウントは無傷だったのでこの方法を続けていけば単価落ちしないだろうと思っているので、参考にしていただければ幸いです。

トップバズで単価落ちしないためにやっている事

僕がやっている単価落ちしないための方法であって、100%ではありません。著作権違反となるテレビ動画やYouTube動画をそのまま投稿するなどしていません。

警察が出動するような動画やタイトルは使わない

事故や喧嘩、火事など警察が出動する可能性がある動画は絶対に利用しないようにしています。スポーツだと乱闘なども再生されると思うのですが、単価落ちする可能性も出てくるので投稿しないほうがいいと思います。

グルメ系だと、料理中に火が出るパフォーマンスする店の動画などもSNSでは人気ですが、これも危ないので利用しない方がいいです。

タイトルだけでなく動画の中身もジャンルを統一させる

少し前まではタイトルでジャンル選定されていると言われていたのですが、現在はタイトルだけでなく動画内も審査されるようになっています。

短時間で数千、数万再生されると必ずトップバズの運営が目視をして、問題があると判断した場合は動画を停止させ、最悪の場合単価落ちとなります。

動画投稿している人は必ずバズらせたいと思っているはずですが、バズると必ず目視されるのでトップバズ運営に目視されても問題ない動画を投稿してください。

エロや女性を匂わすタイトルは使わない方がいい

バズビデオでは、エロ系の動画は厳禁です!その理由はYouTubeと同じになってくるのですが、エロ系の動画を投稿している所に、企業が広告を出さなくなるからです。

無料で利用できるトップバズで、企業が広告を出すことを辞めると、動画投稿者に収益が入ることはありません。

水着の動画や少しアダルトグッズなども使うのは辞めたほうがいいです。

実際に過去に単価落ちした理由

実際に僕が単価落ちして、直接トップバズに問い合わせしましたので、同じ事はやらないようにしてください。

大量のアカウントは作成しない

1月に単価落ちした原因は、同一IPアドレスから複数アカウントが検出されたためコンピューターによる不正登録と判断されて単価落ちとなってしまいました。

その時僕はIPアドレスを変更すれば問題ないと思い、有料のセカイVPNという1クリックでIPアドレスを変えることが出来るツールを使ってIPアドレスを変更していたのですが、トップバズには通用しませんでした。

オススメのアカウント数は、3アカウントです。4つ持っている人も知っていますが、3つでも充分稼げるので3つぐらいが1番運営しやすいと思います。

まとめ

簡単にまとめると、警察が出動しない動画やタイトルを利用して、エロ系動画を投稿しなければ単価落ちする可能性は低くなります。

もちろん著作権違反は単価落ちするので、絶対に著作権で言われるような動画を投稿するのは辞めてください。